ようこそ!

負けず嫌いとスキンケア精神!!

先日、名鉄常滑行きで 人身事故が……。

うつ病かな? 親が、電車・バス・タクシーだけは、車事故しない用にって、言われて来た。 人を乗せて居る~、保険だけでは保証出来ない。

絶対さけてよ!! 良く言われた。

皆さんも、新しい会社 車初心者 くじける事が多いと思う!

そんな時、日記書いて発散して見るのも 一つの方法だよ!

自分を振り返ると、私は負けず嫌いな性格だなって思う、それも自分で気づいたのは 小学生低学年から、たぶん勝ち気な血筋は母親譲りなのだろうと思われます(≧∇≦)

面倒、暑い、とっつきにくい、でも負けず嫌いって素敵ですよ?挫けない屈しない譲らない、まぁ諦めは早い方なんだけれど例えばチャンネル争いとか面倒くさい事柄は試合放棄。

1人瞑想妄想しているのが好きな子供であった時代。今ならばこういう性格はあツンデレって言うのかにゃ?

仕事を契約時間無視されると負けず嫌いは発揮しねえ、負けず嫌いってある意味さとても凄く良いことのような気がしてきたのです=^・ω・^=。

負けず嫌いだから強気か?って聞かれればそうでもない。

乙女だから心はデリケート。大学生までは、肌のみかん化がコンプレックスでした。あれは本当に悩んだわ。

でも美顔器かけたり、スキンケア頑張ったりして、なんとか治したっす。

参考にしたサイトがリニューアルしていた。みかん肌の治し方辞典。ここには本当に助けられたわぁ。

お金はかかるけど、そこをけちらないでやれば、必ず治るのだ。自信ついたよー。

中間管理職のぐち

おはようございます。

今から12時半までに一仕事終わらせて、13時から15時までに用事を済ませて、15時から二仕事。でも22時までには終わらせましょうね。

目指すは夜中のお風呂タイム。これがいまいちばん幸せな時間です。嫌なことぜんぶ洗い流すからね。あはは、それでぜんぶ忘れる。

忘れたらまたやり直し。だめじゃん(´ω`)

昨日も仕事していたが終わらなかった。(>_<)

終わってないまま週明けは迎えられないので今日も仕事しようかな、っと。!

うーん、疲れるなぁ~。こんな状態はが数ヶ月続いているのはかなり久しぶりな感じだ。

でも、誰がやらないと。じゃぁその誰かって誰?ってなるのだが、、、誰もやらないなら俺がやりますよ。

そんな上司の姿を見て次の世代はどう思うんだろう?

手伝おうと思うかな?自分のプロジェクトじゃないから見て見ぬ振りするのかな?そんなのやってられないから転職先探すのかな?

手伝うと手を挙げられて、も、能力なし。

中間管理職の愚痴でした~。w

できない部下を育てるのも仕事だよね。わかってますが時間がね。。。って思う今日この頃。

健康のために朝のウォーキング

wオフィスでは、節電として冬の暖房や夏の冷房を極力おさえる運動に取り組んでまいりました。節電のほかにも、社員の健康管理と交通費削減のために、出勤は自転車で!という取り組みを始めました。冬や暑い夏場は難しいこともあるのかもしれませんが、無理をしない程度に、一番良いこの時期を自転車出勤月間としています。

もちろん雨の日や緊急時は車の出勤ですが、この自転車出勤は思いのほか良いようです。社員の中には元々自転車通勤をしている人は多く、それほど違和感はなかったようです。

デスクワークが多いので、どうしても運動不足になりがち。そこで自転車通勤をしてみると、体が気持ち良いこと。また春の晴れた天気の中を走るのは気分爽快です。

また車の排気ガス削減。社員1人につき、月のガソリンのつめる回数が3回。1万円だとします。これを自転車通勤にすれば1回で済みます。3000円。

これは大きいです。もちろん交通費はカットせず、給与に含んでおりますから、社員が自転車通勤にするだけでお財布にもやさしい。そのお金で自分へのご褒美。

いいことづくめです。

てんぷら

てんぷらてんぷら。頭の中は、てんぷらです。この時期はてんぷらです。え?なぜ、この時期はてんぷらなの?4月下旬は山菜の時期。山菜をまとめて食すには、てんぷらが一番です。

たけのこ、たらのめ、こごみ、うどが、この時期の山菜です。

社員の実家は山沿いなので、山菜の直売所をやっているほどの、山菜の宝庫。ですから毎年買ってきてもらうのです。山菜はわずか1ヶ月しか時期がないため、この時期になると必ず、必ず注文しておきます。

山菜はその年によって、出る時期が遅かったり早かったり。今年は大雪の年でしたから、雪がとけずに山菜はちょっと遅めに出てきたそうです。

私は山菜はなんといってもてんぷらです。たけのこのてんぷらはこりっとして、何本食べても飽きません。大好きです。

てんぷら以外に好きなのは、たけのこの煮付け、こごみのおひたし、うどのキンピラです。

いずれもこの時期しか食べられないこともあって、時期になると毎週たくさん送ってきてもらうのです。

今年もおいしくいただきます。

おいしいお魚

おいしいお魚が届きました。魚というと、海の魚を想像しますが、川の魚が旬なんです。イワナという魚です。これは山深い渓流に生息している、とても数が少ない貴重な魚なんです。お値段も、けっこうしますよ。このイワナは、wオフィスのお花見バーベキュー用に注文したのです。

川魚は、炭火で塩焼きにするシンプルな食べ方なのですが、これがうまいんです。よく塩を振って、かなり長めに焼くのです。焼き枯らすくらい焼くととても良い味になりますね。

よく田舎のほうに行って、道の駅なんかで焼いて売っていますが、wオフィスで買っているのは天然です。天然はさらに希少価値がありますので、高級品です。普通はなかなか手に入りません。天然は、川の中で育っただけに、川の味がします。この川の味が、天然の味。その味を生かすためにも、炭火で焼くんです。

お花見バーべキューが、とても楽しみです。早く明日になーれー!イワナがあれば、肉とかはいりません。あとは漬物があれば、十分に酒が進みます。

自動で人は豊かに生きれる

忙しい。この忙しいは、人の人生を台無しにします。その忙しいでも、仕事やなにか身になる忙しさなら良いのです。しかし、まったく無駄になる忙しさもあるかもしれません。それは家事であったり、介護であったり。誰もが経験するものですが、この時間をもっとカッとできれば、人生を有意義に過ごせるのではないでしょうか。

会社勤めの独身の人間にとって、食事の自炊は大変です。せっかくの休日に掃除や洗濯をしなければならないなんて、人生惜しいと思いませんか??こうした家事、これこそ人生において、もっとも無駄な時間だと思います。

この家事をできるだけ自動化して、ロボットに任せるとかができれば、思い切り休日を過ごせるんです。

掃除機はルンバ君が現れて、少しは楽になりましたが、トイレ掃除や風呂掃除はまだ手動です。

ここも自動化できる部分ですが、まだ発明はされていません。

例えば片付けや料理も、まだ自動化は発明されていないのが現状ですが、これも自動化の開発は可能だと思っています。

自動化が進めば、もっと人は余裕ができるのです。

自動を開発

今この世にない、新しいものを開発する。まずは、そのニーズは何か、を考えていました。誰かの困ったことに、答えてものを作ることが、世界をよくする発明となるのです。

最近考えていたのは、自動。自動です。

例えば、現在ある、全自動洗濯機。これ、自動じゃないですよね。洗うだけなら自動ですが、洗い終わった後、干すのは自分でやらなければなりません。たんすにしまうのは、自分でやらなければなりません。中には体が不自由で、洗濯物を干すのが辛いという人もいらっしゃいます。面倒臭いと思う人もいるでしょう。

では、選択した後、干すまでやってくれる、干したらしまいかたまでやってくれる洗濯機ならどうでしょう。体の不自由な人には助かりそうですね。

例えば、自動歯磨き。歯磨きって面倒です。それを、機械で一気に洗浄してくれるのです。なにも歯磨きは、ブラシでなければいけないなんて決まりはないはずです。試してみました。高圧シャワー。これを歯にあてると、見事に歯がきれいになります。それもものの1分で。ブラシで洗うより簡単で、しかもよりキレイに洗える。なかなか(良いと思いませんか?

最後に、自動化は人に時間を与えてくれます。忙しいからできない、このできない理由である、無駄に忙しい時間。これを取り除けば、もっと豊かに暮らせるのです。

オフィスの気温。寒さ対策。節約。

我がオフィスでは、原発事故以来、節電は徹底しています。みんながやるから節電の効果がでてくるのであって、自分がやったところでなのも変わらないなんて思って実践しない人が多いと、なにも変わりません。

脱原発!なんて、我々一般市民が言っても、我々ができるところを節電しなければ、ただの人任せなのです。節電を積極的に行わないということは、ただの人任せで原発をなくせと言っているだけ。現実的に今のままでは、原発があるから我々は生きているのですからね。それを忘れてはいけません。

wオフィスでは、率先して節電を行っています。夏はクーラーは極力控えています。我慢大会になってしまうので、付けるときもありますが、去年の夏は、クーラーの稼動は全15日だけ。打ち水をして、扇風機をかけてしのぎました。その代わり服装は自由。出勤を朝6時にして、12時から3時を休憩時間にしたのです。

冬はストーブを極力つけない。社員には着る寝袋を配布しました。これは効果テキメン。雪の振る日でも、暖房は稼動せず。

大幅な節電の実績を残すことができました。オフィスでこのような節電の意識が広まり、それを家庭に帰っても実践する。

このサイクルで、どんどん節電の意識が上がれば幸いです。

机の問題

机と椅子の高さって、かなり重要なんですよ。机と椅子の高さのバランスが合わずにつかっていると、腰痛や坐骨神経痛になってしまうんです。

具体的には、机が低くて椅子が高いと、思いっきり猫背になってしまいます。これだと背中や腰が痛くなります。逆に椅子が低くて机が高いと、肩があがって肩こりに。机と椅子の高さのバランスって、本当に大事なんです。

ちなみに多くの椅子と机はセットになって売っていますね??でも、だからといって体に合うとは限りません。だって、人それぞれ慎重が違うわけですし、同じ慎重でも上半身の長さが違う場合もあります。よくあります。

スタッフの自分、ずっとデスクワークでやっておりますが、この机と椅子の高さが合わないがために、ヘルニアになりました。胴長のため、机が低かったのです。つまりずっと猫背のままで10年も仕事してきて。そのツケが回ってしまったのです。

なので、机の高さを変えたり、椅子を低くしてみたり、いろいろと試しました。しかし、合わないのです。

最終的に、椅子は現行の高さのまま、机の上に12センチの台を置いて、その上にパソコンを置きましたら、ピッタリでした。

これでやっと、仕事をしやすい環境になりました。

理解をしてくれた社長にも感謝です。

佐村河内守さんの会見

きょうはスタッフの雑記です。

現代のベートーベン、佐村河内守さんの記者会見を見ておりました。みなさま。どう思います?

業界にもよるとは思いますが、出版の世界などはゴーストライターが文章を書いて当然ですし、自分を売り出すマーケティングや見せ方などは、有名人の多くが実際行っていることなのですがね。佐村河内さんが音楽の世界でこれだけ重大なことに発展するのも、日本は暇なんでしょうかと思います。

耳が聞こえない作曲家として世に出て、これだけ人に衝撃を与えたなら、それは素晴らしいことです。音楽家やミュージシャンなどは、自分を売り出す作戦が下手だから有名になれないのであって、実際有名になっている人は、自分を売り出す作戦が上手いから有名になれているのが事実です。

きれいごとだけで成果を残している人って、どれだけいらっしゃるんでしょうか。

ペテン師と言われても、実際は似たような人なんかいっぱいいますけどね。

と、見ていて思いました。

ちなみに共作した曲は、曲としてはどれも素晴らしいと思います。

wオフィス通信 is powered by Wordpress | WordPress Themes